今井律子

おかいものはこちら

井律子さんは群馬県生まれ。焼きもので有名な益子で作品を作っています。ユニークな女性や動物の顔がついたポットや、ブローチ、お皿などを制作。IDEEなどでも取り扱いのある作家さんです。

しりが初めて今井律子さんにお会いしたのが、益子の陶器市です。1人1人の話をちゃんとをきいて丁寧に応えようとしてくれる、そんな印象が強かったです。

 

道端に広げていた作品に目がとまり、かわいいーと姉妹でお皿やポットを物色していました。

すると、そこにいたお客さんが女性に「今井律子さんですよね、ファンなんです。IDEEでいつも見てます。」という趣旨のことをお話ししていて、おぉ、有名な作家さんなのかと見ると、小柄でとてもかわいらしい方が丁寧に対応していました。

 

作品が、とても素敵だったのでぜひ購入したいとをしりが声をかけた時も、私たちの話をうん、うんと頷きながら聞いてくれました。

ほんとうにこちらが嬉しくなるくらい目を見て話を聞いてくれて、その日は、よし、がんばろう!と思いながら帰ったのを覚えています。

今井律子さんのインスタグラムを覗くのが好きです。猫のサブジさん、亀のフユタさんと

暮らしているそうです。

 

 

※このページの写真はすべてご本人から特別な許可を得て使用しております

をしりが今井律子さんを好きな理由...

 

今井律子さんの作品は、淡い色味で、どこかユーモアなのに品があり、なんとなく西洋のかをりが漂います。その理由は、大学の時にイギリスに1年間留学していたところにあります。そこで陶芸を学んだ際に、日本とは異なる技法や道具、デザインを学んだのだそう。作品のモチーフである人や動物の、ちょっとおすまししてるけど、おすまししきれていない表情がとても魅力的です。

copyright © 2015 woshiri all rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now